大谷正夫の登山トップページに戻る
大谷正夫  鳶ヶ巣城跡  2020年7月18日 大谷正夫
出雲市東林木町の、標高281m比高約170mの鳶ヶ巣山頂上。
永禄5年(1562)、毛利元就が尼子攻略のために鳶ケ巣山に築城した山城である。尼子との戦いで
当城は戦略的重要性をもち、とくに元亀2年(1571)の高瀬城攻略の際、吉川元春の拠点となった。